FC2ブログ

まっいっか

雑多な日々の彷徨

   

大河幻談   +Ari 

今では何ともなくなった夜川の浸かり釣り

当初はびくびくものだった
昼にリサーチしているのだが
夜は別物だからね
ochitari hamattari nagasaretari


増水時に無理して浸かり
ダウンクロスの釣りしていたら
いきなり後ろから羽交い締めにされ息をのんだ


流れてきた流木の枝・・・


またある時は
いきなり水中で足首掴まれ飛び上がった

兎角いきなりだ

流れてきたコンビニのビニール袋が足首に引っかかり
水流でブルブル・・・


まぁアッチ系の怖さは克服したので何ともないが・・・


怖いのは危険生物


あ~アタシのフィールドに

ワニもアナコンダもいなくてよかった
ピラニアも人食いナマズもいなくてよかった
猿鹿猪はたまに聞くけど熊がいなくてよかった
クラゲもアカエイもいなくてよかった





同じ水系で大繁殖だとか




カミツキガメ


Chelydra_serpentina[1]
(一応パクリ画像であることを明記しておく)




痛そう 








都下を流れる大河は何でも有りで有名だが
大概は冬を越せず死滅していると言われている

でも絶対とは絶対言い切れないからなぁ



某所で年越し(越冬)のアリゲーターガーの話
無事キャッチを望む






しっかし夜 この顔見たら 気絶しちゃうな






images[3]
(言うまでもないが言っておくpakuri画像だ)







Dottbossha-nn

何年も前の夜釣り
人が落ちたのではと思うほどの
ダイブ音を聞いた


また別の夜
流れに乗ったわけでもないのに
ノンストップでライン引き出されきったこともあった
m越えの鯉科だろうが止めようがなかった
三平君なら躊躇せず飛び込んだろうが
ジェロオジサンは為す術がなかった
海獣か?と頭をよぎるくらい凄い力

数年後にアザラシ騒ぎがあったトコ

まあ何がいても不思議でない大河

何がいつ来てもいい
腹積もりはできている






 でも

 まぁ
 
 そんな心配が徒労に終わる





川セイゴ





P1080991 - コピー







+kosibai

いやいや
この直前にばらしたヤツは
小さくなかったんだって

いや,はっきり言おう
とても でか
あっ何をする!?
てっ手を縛るな
ホントでかかっ・・・
あうっ口ふさぐな
△×%○※

あれ獲ってたら
迷惑メール
送れたのに
・・・






一番怖かったこと

深夜の河川
釣り師以外絶対人などいない藪で
ワンちゃん釣れた女性と出会い
息をのんだ





やっぱ人間が一番怖い








  1. 2012/06/29(金) 00:00:00|
  2. 釣り者

ラストN・M・F・A  

鮮烈なデビューがまだ記憶に新しいNMFAだが
いよいよ最終回を迎えた


3回じゃん



惜しまれる声も少なくないが
時代がアタシに追いつけなかったのが何とも残念だ



・・・


お釜に残ったご飯はラップしてキンだ

チンじゃない 

冷凍でキンキンだ
ご飯は粗末にしてはえけない
お婆ちゃんがいつも言っていた


その冷凍ご飯が貯まったら
チャーハン

ところが 

お前のチャーハンは根本が違うと
西新宿は「桃里」の巨匠から指摘を受けた

冷やご飯を基本としていたが
そもそも そこが間違いであると

チャーハンは温かいご飯で作るべし


冷やご飯だとせっかくの火力が
台無しでオジャジャンだと



(・・・と、料理番組でそーいってますた)




う~む奥が深い

一から出直したジェロチャーハン

ナニ!Aジの素入れりゃ勝てる?
いやいや そんな・・・

今回は塩昆布いれてみた

P1080981.jpg




作った物を完食されると嬉しいものだ

全国のよい子のちびっ子たち
好き嫌いせず食べんだぞ~
お母さんを喜ばせ~





よい子は,こんなトコ覗いていない?







ごもっとも




行き詰まり感
満々の当ブログだが
何,心配ご無用だ

そもそも人生は
行き詰まり感との間断無き戦いなのだ





















  1. 2012/06/24(日) 23:38:06|
  2. 喰い者

和む 

アタシは

紺が好きだ
濃い紺がいい


スーツは鉄紺
肌着はUKの紺
雷鮭も紺

女性の下着も
黒よりか紺にグッと来たものだ(過去形かぁ)

色の合わせも
黒よりか落ち着く

紺×白
紺×赤
紺×水色
・・・


諺にも
紺屋の白袴
青は藍より出でて藍より青し
どちらも嫌いでない

はいい




鉄紺あるかな


と探していたら

あら素敵♪

日本の伝統色


名前もうっとりするくらい粋じゃないの

一つ一つ名前と色見るだけで
あれこれ思いがめぐり楽しめる



和の物っていいわぁ

P1080905.jpg


煙草や灰皿を入れている
とても使いやすく
この色、この柄がとても和み
山賊さんがよく言う言葉思い出した


物にも命が宿る






  1. 2012/06/16(土) 16:27:20|
  2. いい者

川S事始めをふり返ってみること 

父の日は,悔恨の日

孝行らしきこと
しなかったからなぁ


あっ
母の日もだ
あうっ
それぞれの命日もだ






ある日
実家に帰ると
父は翌日の釣りの準備中

目にした青イソに
さほど興味なく
海行くのかと尋ねた





当時のアタシは
シーズン数回の
南東北の渓流と
週末の東京湾の
鱸釣り
半ドン明けの土曜日の夜の釣行
釣れない釣りを楽しむ
疑似餌アングラーは
虫餌に興味を示さなかったのだ



定年退職した父は
暇をもてあましたのか
実家に売るほどあった
アタシの釣り具を持ち出したようで
さほど時間もかからずに
夜討ち朝駆け
のめり込んでいた



「○○で鱸釣ってくる」





????



そこはアタシも他魚狙いで行く超完全淡水流域


父はボラか何かを鱸と勘違いしていると思った

川で青イソ・・・

侍だ





だが,釣ってきたのは紛れもない鱸

はにかみながらも
少し誇らしげな父の顔





アタシャ
トーゼン
青イソ買って即出撃
房掛けのぶっ込み釣りだ
最初の一投は
なんだか気恥ずかしかったのを
覚えている



初めて釣ったのは
4,50cmほどの川S
完全淡水域だぞ・・・

驚き
長いこと眺め回した


さかなクンさんには及ばないが
釣魚のことは
少しは分かっているつもりだった



何も分かっていなかった


あっもう一匹いた
淡水の魚が好きで
小さい頃から図鑑見ていて
アユカケからオヤニラミまで
知らない魚はいないと思っていた

二十歳の頃だったか
NHKで放映された
四万十川の特集で
後半に出てきたサカナに魂消た
仰天した



閑話休題
話が底抜け脱線ゲームだ

さて
いることが分かれば
出撃の疑似餌アングラー

いやはや
これが釣れない釣れない
時間は朝?昼?夜?
場所は?
疑似餌は?
皆目見当が付かない

最後には
川に入ってきた魚はルアーを追わないとまで思ったほど
パズルの一片を見つけるまでの長かったこと
その行程の面辛かったこと




晩年
入院中だった
父は
ある日

ぽつりと

「釣りは面白いなぁ 
 お前のお陰でいいもの知ったよ
  ありがとう・・・」





いえいえ父さん



アタシこそ
ありがとうございました。





この釣りホント・・・



P1080895.jpg


 












  1. 2012/06/09(土) 20:49:05|
  2. 釣り者

実山椒 

結局

佃煮に

P1080904.jpg



煮魚や
ちりめん山椒にしよう
  1. 2012/06/04(月) 20:16:30|
  2. 喰い者

プロフィール

S1 ジェロ

Author:S1 ジェロ
まっ早い話
あれこれ気が多いのよ