FC2ブログ

まっいっか

雑多な日々の彷徨

   

支那竹物語 

ラッセーラッセーラッセーラッセー



筍祭りだ


節煮、中華炒め、筍ご飯

panelimg7_20130429190219.jpg








さて、これはなーんだ?




P1100314.jpg


今年は、

自家製支那竹に挑戦

塩麹を使ってただいま発酵中だ



「支那竹物語Ⅱ」に期待されたし



無かったときは

察してくだされ





  1. 2013/04/30(火) 07:07:14|
  2. 喰い者

川紀行 

釣り師が大切にしている釣り場を
勝手にログアップしちゃマズイ

でもココは
冠に川の名前使ってるし 大丈夫かな?



P1100290.jpg



ちょいと近くに用事があったので
足を伸ばして小畔川



三面護岸は残念だが
町中でこれだけの川があるのは羨ましい
釣り人は当然として
仲良く(タブン)散歩する人生の先輩ご夫婦
バーベキューするグループや家族
橋の上から川を覗く人
網を構えて岸際の葦を足でガサガサする
手練れの小学生

みんな笑顔だ



いいねぇ
笑顔いっぱいの川




口髭で後ろ髪が・・・な方を
それとなく探すが
まっ
真っ昼間もいい頃だし
西洋毛針師は一人もおらず
またの機会に





いい気分にさせてもらったので
ちょいとゴミ拾いでもと思ったが
???
ゴミが見あたらない
清掃活動したのかしらん



panelimg7_20130429000114.jpg

一つだけあった
ビニール袋を拾い
いい気分で川を後にした




  1. 2013/04/29(月) 13:13:16|
  2. 水の者

竹旬 

過日,相撲レスラーに
腕相撲で負けた
しかも瞬殺だ


上り坂の男と下り坂の男

仕方がない


・・・


我が家の力仕事は
全て任せることにした




ボディガード兼で
筍を掘りに連れて行く




コツを教えると
あれよあれよと
掘り出した





アタシャ
手を休め
風が奏でる
竹の音色に
耳をすます






panelimg7.jpg

1:パンダではないと思う
2:めんどいので皮をむいてから茹でることに
3:鷹の爪と糠
4:寸胴





さあ土佐煮に筍ご飯だ
中華炒めもよろしいな


  1. 2013/04/28(日) 23:29:04|
  2. 地の者

大河礼賛 

掛かったとたん
下流へ猛ダッシュ




ナニ?
鯉科のスレだって?



いや
キングサーモンだ
今回こそはしとめてやる

止まらないドラグ音



ふぇーっ
アソコかよ


遙か彼方で
水しぶき



延々寄せては出され
ようやく



うっ

大きな大きな鱗が見えてしまった



・・・



ピラルクーに違いない







ベジタリアン怪魚
クサウオノミコトをCatch

トラウトタックルなので
その砲弾を捌くのに
大層苦労した
スレの上
型が悪くなかった
腕はパンパン
足はヨレヨレ
腰はガクガク

スレで掛けてしまったので
何となくサカナに
すまんと


我がフィールドは
怪魚シタメ天国


しかし
BUT

そこは
今までシタメを見たことがない
代わりに
ベジタリアンは
何度も掛けたり見かけたり
岸際に
葦など無いところ

何故だろう何故かしらん

一つだけ推測を立てている
・・・

そういった探求も
川の楽しみ



釣り餌袋4袋と
珈琲缶2
煙草の空き箱1
回収


焼け石に水だろうが
偽善だろうが
やらぬよりまし



あらっ
柳の葉と思いきや
水中から疑似餌を拾得


大手S社の1mm足らず
間違いのない色の選択だ
心当たり有る方は
ご連絡を




釣りの神さん

疑似餌もいいけど


心がけのよいアタシに

・・・

  1. 2013/04/27(土) 13:40:56|
  2. 釣り者

 

友よ


幸せは計れるものなのだ








P1100251.jpg

前回より

少々が少なくなっているが
まだまだ半分以上幸せがある



肴は
佐藤垢石


釣り師の皆様には説明不要だろうが
ここはほら
うら若き女性も来られるので
少々講釈を
垢石→鮎が好む渓流の苔が着いた石
ペンネームで一目瞭然
大層な釣り好きである
有名所は「たぬき汁」だが
釣りの随筆も多々

ここんとこ世話になっている
青空文庫さん

宮沢賢治,坂口安吾,柳田國男
そして佐藤垢石を
肴に

紙媒体と違い
フォントサイズを自在に変えられるのが
シニアに優しい
・・・


青空文庫を支える
多くの志高い工作員 ボランティアさんに
頭がさがる




今夜もいい時間を過ごせた





  1. 2013/04/18(木) 08:08:08|
  2. 喰い者

川の掟 

川での一投目
振りかぶった時に
視界の左隅に人影
慌ててキャスト中止
葦に隠れていた
先行者に気がつかなかった


相手に会釈し,邪魔にならないように
ずっと上手へ移動する


そう,川の最低限のルール
川は,来た順なのだ






ずっと以前
よほどアタシのことが好きなのか
後攻者に躙り寄られ
終いにはラインまで被せられたことがあった。
もう怒るどころか笑い出してしまった
挨拶すれば何しても許されるのか




人の居ないところ,居ない時間がいい
だから人の多い朝マズメは
ワザと釣りに行かないのだ

ワザと・・・




その昔
バスブームの頃
11ftの海用の竿を本流,支流でブンブン振り回していた
バサーからの視線のイタイこと
でも
誰も近づいてこず,話しかけてこず
煩わしくなくよかった

よかった・・・





少し竿を振り
すぐに転戦


人っ子一人いないフィールドへ
サカナもいませんがね

鳥の声だけが聞こえる


足下に人間の分泌物
今日はこれが焼け石の水





panelimg_20130416201345.jpg
分泌物

駆け上がりから
つっこんできたアカメ






アタシの川友は
誰もゴミなんか捨てない





誰が捨てるんだろう











  1. 2013/04/17(水) 07:07:07|
  2. 釣り者

ラン姉ちゃん 

やらねばならぬ

大庭園の草取り・・・



やる気満々だったのだが
爆弾低気圧が来たり
春の大嵐が来たりで
命の危険を感じ
泣く泣く延期していた


今日も危険な大風が吹き始め
残念ながら延期しようとも
思ったが
山の神が大嵐になりそうなので
決死の草刈り



メンドくても
億劫でも

始めてしまえば
せっかちなアタシ
段取り通りに
事が進んだことに
ちょいと満足




ん?



P1100257.jpg
かわいかー


植えた覚えもないのに
ランの一種か?

P1100254.jpg

ホント
これよかばい

容姿、佇まいに
ちょいとドキドキ
君に胸キュン(笑)



panelimg_20130414230027.jpg


名前をご存じの方お教えください

  1. 2013/04/16(火) 06:06:06|
  2. 地の者

若い酒 

ちょいと

ニッポン酒の
若いのが飲みたくて



ポンシュレヌーボーだな



あ~残念な酒蓋(サカブタ)

P1100243.jpg

味も素っ気もない

吟遊酒人・・・

ヤマトグラでなくタイワグラ・・・

宮城の酒だ
後方支援だ




味は,軽やか
フルーティな香り
純米でも吟醸でもないが
いいねぇ



今夜の肴は

坂口安吾の
「釣り師の心境」

P1100245.jpg


釣りをしない安吾から見た
釣り師に笑える
  1. 2013/04/15(月) 15:15:15|
  2. 喰い者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィールドへ 


実は面倒で億劫だったのだ

あれこれ考えても埒があかないので

えいやっと
フィールドへ

動いちゃった方が楽だ

以前は、まだかまだかと
そわそわしてたのにね






里山を歩き

篠竹を藪こぐ




以前あったポイントは
宅地造成のため壊滅
それはそれは立派な物が
たくさんあったのだが


追われ追われて
こんな篠竹を漕ぐはめに
P1100248A.jpg



そおいえば想い出した
これの自家栽培もしたことがあったのを

いろいろやってたなぁ



でも実は
フィールド探索の末の発見こそが
楽しみの大部分を占める





!!




P1100247.jpg
ほらね♪




育ち過ぎじゃないかって?

なあに天ぷらにしちゃえば大丈夫さ




旬は短く十日前後

束の間の春の楽しみ





タラの芽の次は

・・・




ともかく
面倒と億劫との戦いだ






P1100259.jpg


  1. 2013/04/14(日) 18:51:32|
  2. 地の者

水もしたたる 

とうとう
この日がやってきた


過酷なるショッカーとの戦いで
真っ黒黒助ウェイデュアーが劣化


脱いだら
デニムのお尻の辺りにじわっと漏れ跡
気持ち悪いし,カッチョ悪い



かすり傷程度だが小事が大事

水用心 針穴一つ,漏れの元



P1100219.jpg
ピン穴確定




まっ

ウェダー修繕履きつぶしグランプリ
関東代表のアタシにとっちゃ
朝飯前だ




縫い目からの漏れなので
シームテープを
再アイロン掛けしようと思ったが
メンドイので
いつものセメダインスーパーXを
外から塗布






ウェダーは
一気に劣化が始まるので
これからの戦いに
闘志を燃やしながらも
少々憂鬱な
アタシだったのである。









  1. 2013/04/13(土) 19:57:00|
  2. 釣り者

北帰行 

ここんとこの冷え性体質で
すっかり忘れていたが
どうもアタシの底の方に
北への憧れがあるようだ


「北」で連想すること
北帰行:アキラコバヤシ
幸せの黄色いハンカチ:ケンタカクラ
ハッカ
ラッキーピエロ
鮭鱒天国
羆天国
・・・

相変わらず
偏った知識だ


ガイジンさんの
日本=フジヤマ、ゲイシャと変わらん









子どもの頃
友人とそれぞれ銘々釣りの入門書を手に入れて
互いに交換して読んでいた
借りた本には
磯でのモロコ(クエ,超大物)釣りなども載っており
今から考えると随分乱暴な入門書だった
その中に イトウ釣りが載っていた
関東の田舎に住む小学生にとって
北の大地にすむサカナとは
これまた無謀な入門書だ
釣り方は生き餌のドジョウとスプーン釣り



高校の頃か
鍛治英介著「北海道の湖と渓流」を随分読み込んだ
単なるガイド本ではなく
読み物として面白く
目玉がお椀くらい有るアメマスのところなど
自然にページが開くくらいだった



そして
今野保著「秘境釣行記」
これにはノックアウトされた
日高地方の山奥に今でも
今野保の世界
サンクチュアリはあるようだ
原始の自然を管理しているのは
高潔な理性と知性をもった我々人間でなく
残念ながら,あるがままの山親父のようだが









P1100241.jpg



今はネットの時代
北海道の海アメマス,海サクラマスも
瞬時に情報が入る



アタシもロム専でいくつか徘徊

以下勝手にリンク

イトウおじさんのページ
上記著者高木知敬氏は長身のお医者様
還暦過ぎても休日の殆どを原野のイトウと過ごす
コラム イトウおじさんの話は200話を越えた
狙うサカナが違うのに
雨後の川への期待等
同じ川人として嬉しいくらいによく分かる
釣師の心情が表現されている
イトウおじさんイトウを釣る







釣りガイド山口さんのページ
北海道といえど釣りガイドで生計を立てるのは
並大抵ではないだろう 確かな腕があってこそ
釣りの上手い人はいるんだなぁ
コラム 釣りの話は興味深い
釣り糸の端切れ5mmとて
現場に落とさないその姿勢



ひゅーちゃーめもり
副題は
上流の思想的戯言、昔話と年寄りの云いたい放題。
管理人さんはこれまた還暦をとうに過ぎた大先輩。
ほんと言いたい放題のログばかり。
北海道の内水面と茶鱒に関する考察,
今野保の世界にヒグマの話。



夢があると言えば
ここも









北のブロ友
この春
更に北上

北の大地に

健闘を祈る




ちょびっと羨ましくもある






さて川でも行くか










  1. 2013/04/08(月) 08:08:08|
  2. 釣り者

桜花爛漫 

今年は
予想に反して
桜が早かった

近場の垂れに逢いに



桜は妖しく


P1100221.jpg
電信柱が邪魔であれこれ角度を模索したが
交通量の多い道路でひかれたらかなわんので
あきらめた



怖ろしく


panelimg_20130406003938.jpg





潔い

P1100225.jpg





例年如く

おいおい花は桜ばかりでないよと


水辺の花が


百花繚乱
panelimg1_20130406004047.jpg


それぞれが
妖しく可愛らしい



  1. 2013/04/07(日) 12:14:48|
  2. 地の者

スナップホルダー 

夢と感動を与える
グローバルホームセンターへ


無いものはない
ジョイフノレは
大人のワンダーランド



捜し物が置いておらず
        ナイジャン



銘木コーナー
銘酒コーナー
レザークラフト
工具や材料を眺める

じっくり眺めていると
アレコレ構想がひろがり
半日はいられてしまう




あらっ♪

P1100235.jpg





100均ダインーで買った
ピンオンリールと合わせて






P1100236.jpg


ビンゴ♪



視界の効かない
闇夜の釣り
煩わしさは
少しでも減らしたい





  1. 2013/04/06(土) 20:28:53|
  2. 釣り者

スタンディングオベーション 

やられた

う~む

すっきり芳醇
甘み爽やか

この旨さ
文字で伝えられず
スマンスマン



頂き物の甘露

薩摩武士
指宿酒造謹製だ

P1100228.jpg



私立R中だの
nonbeだの
あちゃこちゃで言われるが


ここのCF見ていただければ
誤解が晴れる

そう
我々が求めているのは
この笑顔=平和なのだよ



オリンピック招致委員会も
これを飲めばイチコロだ

挑発ばかりして
笑顔が足りない
JOHNウンもこれを飲めば
核放棄に違いない




今夜のアテは

芝浜

P1100232.jpg




少々
いやホンの少々

酔っていたのか

談志のオチに

ひとり満場総立ち



真夜中の拍手喝采に

相撲レスラーが何事かと



まぁオマエも飲れと

夜は更けていったのだった






  1. 2013/04/05(金) 23:36:33|
  2. 喰い者

プロフィール

S1 ジェロ

Author:S1 ジェロ
まっ早い話
あれこれ気が多いのよ