FC2ブログ

まっいっか

雑多な日々の彷徨

   

水の国 

アタシが子どもの頃,「日本は安全と水はただ」とよく聞かされた
今では,どちらも誇れるものでなくなりつつあり残念



日本は元来,水の国だ



水に関する諺もすくなくない

水清ければ魚棲まず,明鏡止水,背水の陣
・・・


そして


水に流す


過去の拘りを解き,今と未來(これから)に生きようという前向きの言葉
水の国に住む我々に好まれてきた言葉



ただ,流すのは蟠り(わだかまり)等の過去であってゴミではない



目の前から無くなれば すっきりするのか
川へゴミを流す人は少なくない



川が好きなアタシは,
用もなく川辺に立つことが多い

 用もなく


そこで,目にするのは不法投棄のゴミ

ひどいところがあり
業者の産廃まがいのゴミもあり
冷蔵庫,洗濯機,テレビといった三種の神器
タンス,机,椅子といった家具

仏壇まで何基か捨てられていた
罰当たりめ


おかげで川に近づけなくなった
これ幸いと国交省が不法投棄防止という名目で
土手等にゲートやパイプを設け通せんぼ
チキチョー


ゴミのことを人間の分泌物と言ったのは開高健だったか

流されたゴミは何処へ

当然下流の人たちの気持ちをざらつかせ
海辺の人たちの心を裏切る
そして流され流され他国の感情を逆撫でする
お互い様?

ホントに?


人間だけでなく
鳥や魚へ害をおよぼす
そしてその害は
また我々に返ってくる


アタシは昔,煙草のポイ捨てをした
飲んだコーヒーの缶を川に投げ,流されていくのを眺めていた
でも,きっぱり止めた


理由?


年とったからだ







釣り場のゴミ問題
多くの心ある釣師が話題に取り上げ
ゴミ拾いイベント
拾って帰ろう運動を始めた


アタシは拾って帰らなかった
自分で出さなきゃいい
人が出した物までもとも思っていた






しかし

決行した



きっかけは,とあるブログ
ブログってのも満更でもない
こんな臍曲がりの心を動かすときもある



題して
『一人ボランティアやるなら徹底,隅から隅まで』

相変わらず極端で単純な人間だ

疲れたけど面白かった

空き缶とビニールゴミ限定

気持ちがすっきりしたのは当然だが
拾いながら感じるのが面白かった

スーパードライの缶には,
「俺なんか第三のビールだど」と缶を蹴り潰しながら絡み

某大手釣り餌メーカーの袋には
「 九ちゃん,お前にも責任有んじぇね?」とくだを巻き

「いやいややっぱ製造メーカーにも責任有るって」と責任の所在を考え

「やってみなけりゃ分かんねえなぁ」と泥砂が入った空き缶に手間取り

「どうせならいいもん流れてこないかなぁ」と上流へ目をやり



panelimg_20130226222449.jpg
袋いっぱいの空き缶 袋いっぱいのビニール





 疲れたけど心楽しき時間を過ごした



野池と違い
川は,またゴミが流れてくるのが虚しいのだけれど

焼け石に水だろうが

自己満足だろうが

偽善でも,やらぬよりまし







  1. 2013/02/27(水) 07:07:07|
  2. 釣り者

プロフィール

S1 ジェロ

Author:S1 ジェロ
まっ早い話
あれこれ気が多いのよ