FC2ブログ

まっいっか

雑多な日々の彷徨

   

水辺の記憶 Ⅳ 

またまた釣りの話だから

興味のない方は

ワンダースルー



全国的にボーリングが流行った頃
TVでもたくさん放映していたっけ
ドラマもあった


ブームってのは
不思議な物で
同じ頃
TVではほとんどやっていなかったが
釣りのブームがやってきた
何を媒体に広がったのか分からぬが
近所の商店部の
おっちゃんたちも
毎週のように
あちこちへ

大人が生き生きした顔で
遊んでいるのは魅力的だった


少年マガジンに
釣りキチ三平が連載された頃
商店で毎週立ち読みしていたアタシに
ジェロ坊も行くかと

飽きないし,仕掛けも作れて
手がかからないと
あちこち連れて行ってもらった
ヤマベ,フナ,鯉,雷魚


P1000717.jpg




夏には
竹そのものの
短い延べ竿を山ほど
商店部のトラックに積んで
都下の清流へ
近所の子どもたち
たくさん連れて行ってくれた

初めてのアンマ釣り
短い竿に
糸と針だけ
餌は川虫
下流に向かい立ち込んで
竿を出し入れする
こんなんで釣れるのかと
思ったら
こんなんでたくさん釣れた

ビーズ針の叩き釣りも
教えてもらった



釣りとは関係ないが
共働きだった
母父ともに留守の時

血まみれの大けがをした
アタシを病院へ連れて行ってくれたのは
商店のオッチャンだった
その方への感謝も忘れないが
日頃からご近所を大切にしていた
親のおかげであると今思う

話が脱線ゲーム

ある日,その商店のオッチャンが
声をひそめて言う
「ジェロ坊,ワカサギいかねぇか?」

ただならぬ雰囲気に
アタシは声を出さずに頷いた。


商売用のトラックに
釣り具を載せていざ出発
現地に着くとお互い話もせず
誰が空けたか分からぬ
フェンスの穴をそそくさと抜け
虎ロープが張られた斜面を速やかに降り
木々の切れ間から
対岸の監視所?を伺い
此処での釣りのレクチャーを受ける
もちろん小声で

リールのぶっ込み仕掛けを投げたら
木の陰へ
対岸からボートで退去命令が出たら
すぐ撤収と

まったく少年に何てコトさせる
大人だったのかしらん

そこへは後に単独行で何度も通った
弁慶みたいにあらゆる竿を背負って
自転車でえっちらおっちら


初めて見たワカサギは
真珠のような綺麗なサカナ



立ち入り禁止の釣り
・・・


時効?


遠いゝ昔のこと




  1. 2013/11/22(金) 07:34:33|
  2. 釣り者

プロフィール

S1 ジェロ

Author:S1 ジェロ
まっ早い話
あれこれ気が多いのよ